【くらべてJaJan vol.1】 マンネリご飯にかけるだけ!簡単味変ジャマイカン!

JAJAマガジン

日本から遠く離れた島国ジャマイカ。

「レゲエが有名だよね。」「治安が悪そう。」「ウサイン・ボルトの母国だったような。」「そもそもどこにあったっけ?」

誰もが1度は耳にしたことはあるけど、多くの日本人にとっては一生関わることもない未知の国なのではないでしょうか。

1492年にコロンブスが発見して以来、スペイン統治時代の奴隷貿易とイギリス統治時代を経て独立した国ジャマイカは、人種と文化が入り乱れるカオスなお国。

一晩では語りつくせない、クセになるそのおもしろさを少しずつお伝えしていきたいと思います!

初回となる今回のテーマは「調味料」。日本料理に醤油が欠かせないのと同じように、ジャマイカにも国民から愛される万能調味料があります。

その名も 「スコッチボネットホットソース! 

その魅力と、いつものご飯をワンランクUPさせるジャマイカ術をご紹介します!

〈目次〉
1、くらべてみよう!醤油vsスコッチボネットホットソース
2、そもそもスコッチボネットって?
3、簡単!ジャマイカ流ちょい足し術!
4、まとめ

1、くらべてみよう!醤油vsスコッチボネットホットソース

日本代表

  • 名前:醤油
  • 見た目:濃い茶褐色が一般的
  • 価格:236円(1L)
  • :塩より味に深みがあり、大豆の香りをほのかに感じる優しい調味料。
  • 使用方法:食材に直接かける。出汁に加える。他の調味料と掛け合わせる。食材を漬けるなど使い方は無限大。
  • 特徴:日本人が生きていくには欠かせない調味料。濃口醤油から白醤油まで5つに分類されているが、全国にはご当地醤油があり、最近では「たまごかけご飯専用醤油」などその可能性は留まるところを知らない。

ジャマイカ代表

  • 名前:スコッチボネットホットソース
  • 見た目:直径2~4㎝の丸みを帯びた唐辛子黄色、オレンジ、赤色が主流
  • 価格:約300円(150ml)
  • :ハバネロと同等の辛さだが、フルーツのような甘みと香りもある。
  • 使用方法:生食。食材を漬ける。
  • 特徴:カリブ海原産の激辛唐辛子、とにかく辛い。フルーティな辛みや香りを感じる。ジャークチキンを作るには外すことができない食材。

2、そもそもスコッチボネットって何?

スコッチボネットとはカリブ海ジャマイカでは定番の唐辛子。ミニパプリカのような小さく可愛い見た目とは裏腹に、その辛さはハバネロとほぼ同じ。

実はジャマイカ人辛いものが大好きなんです!

市場には赤、オレンジ、黄色のスコッチボネットが山のように並び、彼らはミニトマトでもあるかのようにそのまま食べます。もう1度確認しておくと、日本の鷹の爪のおよそ7倍の辛さをもつスコッチボネットをダイレクトに食べます。

生は怖くて食べたことありません。だって猛烈に辛いでしょ。絶対無理。

ちなみにジャマイカのソウルフード、ジャークチキンにもたっぷりと使われています。

生のスコッチボネットをミキサーにかけたソースにチキンを漬けてから焼いたり、スコッチボネットの粉末を他のスパイスと混ぜてからまぶして焼いたり。

美味しそうだけど、初めて食べるときには勇気がいります。

そんな辛いの大好きジャマイカ人。

彼らにとってスコッチボネットソースは日本人にとっての醤油と同じ。

肉や魚はもちろん、アボカド、お豆の煮物、目玉焼きなどあらゆるものにかけます。

3、超簡単!ジャマイカ流ちょい足し術

そしてこの激辛ソース、Amazonで買えます!

153gで519円。この値段で海外気分を味わえるのであればお安いのではないでしょうか。

聞けば分かる美味しいちょい足しから、意外な組み合わせまで3つご紹介します。

ペヤングソース焼きそば + スコッチボネットホットソース

手軽さ:★   辛さ:★★★   意外性:★

(味の感想)

フルーティーな香りをふわっと感じた瞬間、一気に辛さが襲ってきます。焼きそばなのに日本じゃない!東南アジアの料理ともまた違うエスニックな焼きそばになりました。いつもの味に飽きた方はぜひチャレンジしてみてください。

*刺身 + スコッチボネットホットソース

手軽さ:★★   辛さ:★★   意外性:★★

(味の感想)

今回は、鯛のお刺身に塩、オリーブオイルとレモン汁をかけてカルパッチョ風にしてみました。

鯛の風味が負けてしまうので、ほんの数滴かけるのが丁度良さそうです!後味にピリっとした刺激とさわやかな香りでさっぱり頂けます。

*マヨネーズ + スコッチボネットホットソース

手軽さ:★   辛さ:☆   意外性:★★

(ここまで書いておいて難ですが、)実はあまり辛い食べ物が得意ではない私、このちょい足しが一番のお気に入り。スコッチボネット特有のさわやかな香りをしつつ、マヨネーズのおかげで辛味がかなり抑えられています。お子さんでも楽しめる辛さ!エスニック感もありつつ、野菜スティックにしっかり最適なちょい足しだと思います!

<番外編> *バニラアイス + スコッチボネットホットソース

手軽さ:★   辛さ:★   意外性:★★★★★

(味の感想)

意外とおいしい!って言いたくてチャレンジしたんです。塩バニラとかあるし案外いけると思ったんですけどね。溶けたアイスとスコッチボネットソースがダイレクトに喉の奥に入り込んできて、もう完全に事故でした。味は全く覚えがないです。

意外とおいしい!って言いたくてチャレンジしたんです。塩バニラとかあるし案外いけると思ったんですけどね。溶けたアイスとスコッチボネットソースがダイレクトに喉の奥に入り込んできて、もう完全に事故でした。味は全く覚えがないです。

今回ご紹介したものだけではなくミートソースやピザ、納豆や豚汁など、スコッチボネットソースのポテンシャルの高さを実感しました。

4、まとめ

唐辛子の7倍の辛さと言われると身構えてしまいますが、フルーティーな味わいの優しさも備えるスコッチボネット。いつもの料理にほんの少し足すだけで、ジャマイカンを味わえるかもしれません!ぜひ終わりの見えないコロナ禍で、晩御飯のメニューに悩んでいる方はぜひお試しください。