ジャマイカのご飯 vol.1

JAJAマガジン

美味しいジャマイカ料理をご紹介♪

 〈目次〉

1、ジャークチキン

2、アキーアンドソルトフィッシュ

3、カリーゴート

4、サンデーディナー

1、Jerk Chickenジャークチキン

ジャマイカ料理で一番有名なのがジャークチキンです。日本のレゲエバーでも必ずと言っていいくらい置いています。

「ジャーク」とは突き刺すという意味で、チキンをスパイスに漬け込む際に味が染み込むように肉をフォークなどで突き刺すことから「ジャークチキン」という名前になっているそうです。

ジャークチキンはジャークパンと呼ばれるドラム缶で燻し焼きにします。スモークされたスパイシーなチキン。これはビールが進みます!

ジャークチキンを家庭で作るための「ジャークソース」がジャマイカの大きいスーパーに必ず置いています。ジャマイカの代表的な唐辛子であるスコッチボネットペッパー、ニンニク、ネギ、タイムなどなど、沢山の種類の「シーズニング」と呼ばれる野菜や香辛料に漬け込んで作るジャークチキンですが、ジャークソースがあれば簡単に下準備できるという点で人気です。

日本で手に入りそうなのが、ジャマイカで人気、Walkerswoodのジャークソース。セント・アン県の「ウォーカーズウッド」という緑豊かな地域の工場で作っています。地元の起業家が小さな工場から始めて、今では大きな企業になっているローカルビジネスの成功モデル。日本でジャマイカグッズを扱っている方が販売しているようなので、気になる方はググってみてください♪

2、Ackee and Saltfish アキー&ソルトフィッシュ

でも実は、ジャークチキンはジャマイカの「ナショナル・ディッシュ」ではないのです。ジャマイカが正式に「我が国の代表料理はこれだ!」と言っているのが、アキー&ソルトフィッシュです。

写真の真ん中の黄色いスクランブルエッグのようなおかずが「アキソル」ことアキー&ソルトフィッシュ。アキーはackeeと書きます。赤い実の中に黄色い実が入っていて、それを下茹でしてから調理します。

実はこのジャマイカのナショナルフルーツであるアキー、日本のフグじゃないけれど、実が開く前に無理やりこじ開けて食べると死ぬくらいの猛毒だそうです。私が18歳の時にジャマイカに語学留学していた時、英語クラスにお隣の国ハイチからの留学生が「ハイチにいるお父さんに『絶対にアキーを食べてはいけない』と言われたから僕はアキーを食べない。」と言って、みんなに「えー!こんな美味しいもの食べないなんて!」と驚かれていたのを覚えています。

ソルトフィッシュというのは塩鱈(タラ)のことです。アキソル以外にも様々な料理で使われるこのソルトフィッシュは大西洋で採れるそうで、実は外国からわざわざ輸入しています。16世紀、イギリス統治時代にイギリス人が船に乗せても腐らないようにタラを塩漬けにして保存食として運び、ジャマイカ人のルーツであるアフリカ人奴隷に安価な食糧として与えていたことが始まりだそうです。

写真で黄色いアキソルを囲むのは、ドンプリンと呼ばれる小麦粉で作ったお団子。白いのが茹でドンプリンでドーナツのようなものが揚げドンプリン。他、茹でバナナ、揚げた「パンの実」、ヤム芋。

これは写真用にこんなにも炭水化物を沢山持って美味しそうに見せているのではなくて、ジャマイカのレストランでアキソルを頼むと本当にこれくらい盛られます。これを全部食べると1年に7キロくらい太ります(NPO法人LINK UP JAJA理事長調べ。実体験)。

上述した「パンの実」は「ブレッドフルーツ」と呼ばれる果実(かじつ)です。わたしの滞在先の裏庭にもでっかいブレッドフルーツの木があります。人の頭くらい大きい、重い実です。

緑色の皮が真っ黒になるまで直火でローストして、皮を剥くと白い実がほんのり黄色くなります。そのままでも美味しいですが、油で揚げるとまた美味しい~!むちゃくちゃ油を吸うので高カロリーだけど、ちょっと塩を振りかけると美味しくてパクパクいっちゃう!

3、Curry Goat カリーゴート

そしてジャマイカ人に大人気なのがヤギのカレー煮込み、「カリーゴート」です。日本で「マトン」が苦手な人はやはり動物臭が苦手かもしれませんが、カレーにすると臭みも抑えられ、その脂っこさでご飯が進みます。チキンやポークよりも割高なので、ジャマイカのご馳走です。

ジャマイカ産のヤギ肉は外国産のヤギ肉より高いです。ジャマイカでは両方売っています。「マトン」と「ゴート」はタンパク質の含有量などが違うそうですが、ジャマイカで「マトン」と言ったらオス、「ゴート」と言ったらメスだそうで、「シーゴート」SheGoatと言ったりします。

4、(カルチャー)Sunday Dinner サンデーディナー

手前の紫のカブのようなものはビーツ。甘酸っぱく炊くと美味しい!

ジャマイカでは「サンデーディナー」と言って日曜日にご馳走を食べます。ディナーと言っても午後2時くらいに食べるので遅めのランチな感じ。お腹いっぱい食べるので夕食はおかしをつまむくらいで済みます。

前日の土曜日はスープの日で、夕食は具沢山スープだけで済ませます。金曜日はケンタッキー(KFC)やハンバーガーなどファストフードを食べる人が多い。金曜日のKFCはだだ混みで長蛇の列だから私は絶対行かない(笑)!月曜から木曜の夕食は、あるものを適当に料理して食べます。曜日によって食べるものが決まっているって、日本にはない感覚で面白いですよね!