洋裁歴46年!ジャマイカ人テーラーのユリさん

JAJAマガジン
ジャマイカと日本が「リンクする」ことを目指して立ち上がった「NPO法人LINK UP JAJA」。

CHAKA CHAKAはそのNPO法人リンコップジャジャの事業として、ジャマイカの職人さんたちとの出会いを大切に、公平に取引し、持続可能なビジネスモデルを目指して展開していきます。

ジャジャ立ち上げ企画として、日本でプロデュースした布をジャマイカに持って行き、ジャマイカの仕立て屋さんに作ってもらったのが「JAMALOHA」(ジャマロハ)です。

日本の浮世絵を思わせる波とジャマイカのシンボルとも言えるラスタカラーが、まさに日本とジャマイカをLINK UPした製品となりました!

▲JAMALOHA

JAMALOHAを仕立ててくれたのは、ジャマイカの首都Kingstonに隣接するSt. Andrew県に暮らすUley(ユリ)さん。洋裁歴46年のベテランで、奥さんと娘、孫2人の4人で暮らしています。

灼熱のKingstonとは打って変わってユリさんが暮らす地域は標高が高いため、朝晩は涼しく快適です。緑豊かな自然の中にユリさんの家はあります。

▲ユリさんの家の二階からの眺め。バナナやマンゴー、里芋や豆など、様々な作物が植えてある。

JAMALOHA製作過程では、様々なチャレンジもありました。ユリはジーパン作りが得意で、ジーパンや洋服を仕立てる際は顧客の寸法を測ってカスタムメイドすることが基本です。しかし今回は、まったく同じものを何枚も作って欲しいという、彼にとっては初めての依頼となりました。

コロナウイルス感染拡大の影響で帰国するまでジャマイカで活動していたNPO法人LINKUPJAJAの理事であるIoriが布をプロデュースし、同じくジャマイカで活動していた協力隊員がパターンやサンプル作りに協力してくれたのですが、ユリにとってはパターンを使うというのはほとんど初めてのことでした。

初めは10センチ以上の誤差が出るなどしたため、指示書を一緒に読み込み、パターンを使う意味を確認し、同時に日本のスタンダード「とにかく日本人は完成度にこだわる」ということを理解してもらいました。

            「そういうことなら分かった。これからはパターンを使おう。縫い目もなるべく完璧に近づける。ボスはそっちなんだから、私は雇い主を満足させることに努めようではないか!」

と半分冗談で、しかしすごく真剣にこちらの意向を飲み込み、同じものを何枚も作るという作業をこなしてくれるようになりました。彼の優れた柔軟性と対応力に正直驚きました。

30年もののミシン。「29歳になる娘のタンデカより年寄りのミシンだ」とユリ。



50代半ばのユリ。強靭な肉体を持ちながらも老いを実感することはあるようで、ミシンを使う際は老眼用眼鏡が必須だとか。

彼との出会いはおよそ5年前。実はユリさんは、わたしのジャマイカの母「リサ」の養子の息子なのです。うーん、ややこしい!

リサとの出会いは私が18歳でジャマイカに留学していた時のことでした。高校卒業後すぐにジャマイカに飛び、首都Kingstonの語学学校で英語を学んでいました。その英語コースの最終過程の先生がリサでした。アメリカ人ですが、イギリスとジャマイカのハーフの旦那さんと共にジャマイカに移住して50年になります。

            そのリサの一番初めの養子がユリなのです。実はリサは自分の子供3人に加えて、ジャマイカ人の養子を累計7人も育て上げています。リサと旦那さんのアンドリューについては、また別でご紹介したいと思います。ユリの幼少時代やテーラーになるまでの道のり、現在の家族を持つまでの人生など、ユリに直接語ってもらうため二度目ののインタビューを行いました。

第二弾へ続く。