Buzz Magazineにリンコップジャジャ代表のインタビューが掲載されました。

ブログ記事

ジャマイカの新しい音楽や日本のレゲエシーンを中心に紹介しているレゲエ・ダンスホールウェブマガジンBuzzle MagazineにNPO法人LINK UP JAJA(リンコップジャジャ)代表のインタビューが掲載されました。

Buzzle Magazineの‟Buzzle”は「バズる」。インターネット上で口コミなどを通じて一躍話題となるさま、各種メディアや一般消費者の話題を席巻するさまを指す現代語ですね!ちなみにジャマイカではBuss「ボスる」♪

Buzzle Magazine(BM)ではその名の通り最近バズっている話題の人たちを取り上げているので、最新のジャパニーズレゲエシーンを勉強したい人にはピッタリ!

▲現在(2021年9月)のBMのトップ画面。デビューから20周年、パーティーや野外フェスの主催、ラジオ番組のパーソナリティなど、多彩なフィールドで活躍を続け、名実ともに “名古屋を代表するレゲエサウンド” として知られるBANTY FOOTのインタビュー

今回リンコップジャジャ代表・永村にインタビューを行ってくれたのは、沖縄でレゲエサウンドをしているLumaさん。音楽に留まらずジャマイカの社会問題などにも関心がある彼は、リンコップジャジャが立ち上がった経緯や法人が持つビジョンを、ジャマイカの社会的問題と絡めてとても分かりやすく書いてくれています。

Buzzle Magazine

Writer: Luma

▲LumaさんはBMで様々なアーティストをフューチャーし、興味深い記事を書いている

インタビューを読んでリンコップジャジャの活動を知ってもらえると嬉しいです!今後とも、皆様のリンコップ(つながり)、応援、よろしくお願いいたします。

More love!