TOP

繋がって、広がる

「繋がって、広がる」

"Mi link yuh up later!"パトワ語で「後で会いにいく!」という意味の言葉。

地球の裏側に住むジャマイカの人達とリンクして、通じ合う、そんな取り組みを目指してます。

ジャジャマガジン

NPO法人LINK UP JAJAがリアルなジャマイカをお届けするWEBマガジン。

ジャマイカをより身近に感じれる記事を配信!

JAJA NEWS

JAJA MISSION

ジャマイカと「繋がって、広がる」


LINK UP JAJA(リンコップジャジャ)はカリブ海の島国ジャマイカのより一層の発展に貢献するため様々な側面から支援活動を行うために設立されたNPO法人です。フェアトレード、音楽を通じた交流、障害福祉支援などの分野で国際協力活動を行い、草の根レベルでジャマイカの人々の支援に尽力します。

そしてこれを新たな国際交流の場としてジャマイカの魅力を日本の人々へお届けし、地球の裏側に位置する2つの島国を”LINK UP”することを目指しています。

JAJA GOALs

JAJAの目標


私たちはジャマイカの経済的格差の是正に取り組み、あらゆる立場に置かれた人々の生活の質を向上し、最終的には自立を促す支援を目標としています。大きく三つの事業をスタートさせています。

1、ジャマイカのフェアトレード雑貨の商品企画、輸入販売し雇用機会創出を目指します。

2、未だ保障が不十分な障害福祉分野の現地施設の支援活動。

3、レゲエを主に音楽を通じた日本とジャマイカの交流事業。

JAJA PICK UP!

ジャマイカの学校、コロナ渦で1年半閉校か?

ジャマイカでは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年3月から閉校しています。実に、子どもたちは1年2カ月もの間ほとんど学校に通っていません。 新規感染者数が落ち着いた頃、試験的にいくつかの高校などが再開しましたが

環境保護と開発の狭間で。ジャマイカのSDGsを考える。

<目次> 1環境教育隊員としての活動 2、ジャマイカのごみ事情 3、相反し対立する住民の利害関係 4、ジャマイカの水源、コックピットカントリー 5、ジャマイカの持続可能な発展に寄与するには 1、環境教育隊員と

ラスタマンの靴職人が全て手作業で製作するジャマイカサンダル

昨年CHAKA CHAKAで販売し、好評だったジャマイカらしいサンダルが、今年パワーアップして帰ってきます。 サンダルを作ってくれたのは、ジャマイカの首都キングストンにワークショップを構えるシューブランドLove Dru

過酷な幼少時代を乗り越えたジャマイカ人テーラー「ユリ」との繋がり

ユリさんとの出会いはおよそ5年前。人との出会いが何重にも重なって生まれた、NPO法人LINK UP JAJAとユリさんとのめぐり逢い。 ここからは、筆者とユリさんとの出会いや、過酷な幼少時代を生き抜き人生を切り開いたユリ

日本初上陸!ジャマイカ人女性が『可愛すぎる!』と絶賛のハンドメイドバッグ

そのバッグのあまりの可愛さに、ジャマイカ人女性たちが“Too Cute(トゥーキュート)!”と言ったことからブランド名が付けられた2 qute collection(トゥーキュートコレクション)。本当にどれも可愛らしくて